上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






慌ただしい日が続き、最終日が迫っていた展覧会見に行く。招待券があった土田ヒロミのニッポン展ですが、なんと・・マラソンなので無料ですよ。ヒロシマ三部作は興味深いものの展覧会全体としては面白く無い。B1でやってた「文学の触覚」も無料で見られたのですが、これが興味深い参加型作品の数々。一度見てみたかった児玉幸子の磁性流体の実物も初体験でしたが本当に不思議すぎ~で、ちょこっと指で触りたい衝動に駆られる。近美工芸館の開館30周年記念、第1弾も素晴らしかったが今回も見所多し。なかでも北川宏人のテラコッタにアクリル彩色の細身の立像に心惹かれ、窓辺で同化していた須田悦弘の作品に何とも言えない気持ちにさせられるのでした。

[ 東京都写真美術館 ]
[ 東京国立近代美術館工芸館 ]
[ Round About 北川宏人 インタビュー ]

2008_02_17 IMG_1868.JPG

2008_02_17 IMG_1869.JPG

2008_02_17 IMG_1873.JPG

2008_02_17 IMG_1876.JPG


磁性流体スパイク観察キット





















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 @motohide (・。・)ノATTRACTIVE 写真帳, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。