上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






実家のあるJR岩見沢駅は数年前に焼失。その後プレハブ姿の妙な駅なのだが、鉄道の要所だった昔の面影は無く確かに妙でしか無いのだが、JR駅舎では初の公開コンペ、市街地再生のシンボルと耳には聞こえが良いが、郊外化(ファスト風土化)が加速し、駅前のシャッター通りを見るにつけ、まじ必要無いと誰も大きな声で言わないのか。あるいは空洞化した町の中心は駅でしかあり得ないと言う現代の解答なのか。「らぶりっく!いわみざわ」に申し込む。#2111

2005_0107_0036.JPG

道南・道央の建築探訪―室蘭・苫小牧・伊達・松前・上ノ国・江差・寿都・岩内・余市・江別・石狩・美唄・岩見沢・夕張ほか 





















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 @motohide (・。・)ノATTRACTIVE 写真帳, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。