上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






小松崎茂氏の作品展は幾度も行きそびれていたので、念願叶い満足。それよりも、会場のていぱーくなる博物館の寂しげな運営に驚く。展示資料が魅力的だけに、なんとかならないものかと思ってしまう。将門の首塚をしばし見学、パレスサイクリング通って国立近代美術館へ。企画展楽しんでから2階の「写真の現在3:臨界をめぐる6つの試論」。そこに出品されてた、北野謙氏の「our face=私達の顔」 これには、びっくり!というか最初意味?分からずガイド冊子を取りに戻って熟読。日本に暮らす様々な人々のネガを正確に重ねて焼き付けた写真の数々。これは、かなり不思議感覚。ガイド読んでから再度見に行く。公式HPあるようなので必見です。これの世界版プロジェクトも見てみたいなぁと、勝手にワクワクしてしまった。わくわく気分になったのでいつもは行かない工芸館まで足を伸ばし「ジュエリーの今:変貌のオブジェ」展、これもかなりイイ。北の丸公園歩きながら、消化しきれない頭を楽しんでしまう。

[ 逓信総合博物館 ていぱーく ]
[ 小松崎茂 - Wikipedia ]
[ 東京国立近代美術館 ]
[ 北野謙 our face ]

IMG_8837.JPG

IMG_8838.JPG

IMG_8859.JPG

IMG_8872.JPG

IMG_8878.JPG

IMG_8899.JPG

IMG_8902.JPG

IMG_8929.JPG

ロマンとの遭遇―小松崎茂の世界 図説 小松崎茂ワールド

our face―日本に暮す様々な人々3141人を重ねた肖像
北野 謙
窓社
売り上げランキング: 248107
おすすめ度の平均: 5.0
5 不思議な写真集
5 平均、それは個性だ。




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 @motohide (・。・)ノATTRACTIVE 写真帳, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。