上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






Dr.コトーに涙した先週。 今朝はちょいと肌寒いが天気上上。80年代最も気になるアーティストだった大竹伸朗、彼は狂ったジジイに向かっているのか確かめに行く。展示量がはんぱなく多いのだが一休みできる椅子も少なく、正直疲れた。日曜だというのに人少なめって言うか全然いないし。昔昔「SO」で見たことあった作品が怒濤のごとく攻めてくるのだが、ゴミ男?に出会えまじ感動~したよ、こういうの好きだし傑作だよきっと。彼の代表作って何かなぁって、どうでもいいこと考えながら歩いてました。それにしても館内静かすぎ・・・騒音のごとく鳴り響かせてるかと勘違いしてました。昼時、坂本龍一からの花を眺めつつお外みると人が超!たくさん。いるけど美術館には見向きもせず。公園で区民まつりですよ。早速、シーメンとかおでん、お好み焼き食べ食べ缶チューハイでぶらぶら。美術の数倍面白い現実。隣り合う公園と美術館は仲良さそうで大きな隔たりが。帰り道、深川江戸資料館で江戸小歌、清澄庭園では名石鑑賞。公園ガイドのおじさん、ありがとうございました。

[ 大竹伸朗「全景」 / 東京都現代美術館 ]
[ 深川江戸資料館 ]
[ 清澄庭園 ]

IMG_6875.JPG

IMG_6882.JPG

IMG_6892.JPG

IMG_6893.JPG

IMG_6911.JPG

IMG_6913.JPG

IMG_6920.JPG

IMG_6929.JPG

IMG_6980.JPG

IMG_7007.JPG

ART iT (アートイット) 2006年 10月号 [雑誌]ユリイカ―詩と批評 (第38巻第13号) 特集=大竹伸朗 東京・鎌倉・横浜 名庭を歩く JTBキャンブックス





















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 @motohide (・。・)ノATTRACTIVE 写真帳, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。